トップページ > エアミルク・エアモルタル > 施工性

エアミルク・エアモルタル
施工性

  • 流動性に富むため、かなりの圧送距離及び、狭小な空間への打設が可能であり、締固めの必要もありません。
  • 仮設プラント(施工機械)比較的に小規模ですみ、能率よく工期短縮が図れます。
  • 単位体積重量のコントロールにより、浮力などによる浮き上がりを防止できます。
  • 吸水性があるため、軽量盛土にはシート布設などによる導水を行う必要があります。
  • 「自社プラント・自社施工」
軽量盛土工
家屋や一般道が近接する場所で道路など新設、改良を行なう場合に近接地や既設盛土ヘ盛土荷重の軽減を図ることができ、 短期間に低騒音、低振動で鉛直盛土が可能です。
尚、地すべり頭部の盛土を施工することにより盛土荷重を低減し、すべり対策の軽減を図ることができます。

空洞充填工
製品の流動性を活かした空洞、空隙などを完全に充填できるエアミルクは、地下壕埋め戻し、トンネル・法面・深礎杭の裏込め、排気管充填、パイプループの中詰といった工事などに幅広く採用、施工されています。